最近はFXや株式取引などに投資をする人が増えて来ています。しかし投資と言うのは元本を割り込むリスクがありますから、安易に始める事はよした方が良いと言えます。

ただ人がやっているからと言う軽い気持ちで投資を始めてしまうと、利益を出すどころか損ばかり出してしまう事にもなりかねないのです。投資と言うのは誰がやっても儲かるものではなく、しっかりと知識を得てリスク管理を徹底する事によってはじめて利益を得られるものなのです。ですから投資を始める時にはそれなりの覚悟が必要になります。

バイナリーオプションのルール

sdoifu79ルールは「10分後にチャートが今より上がるか下がるか」を予想するものです。もちろん「10分」という時間は一つの例であり、これが数時間や1日などのこともあります。とにかく定めらた期間が経過した時に「今より相場が上がっているか下がっているか」を予想するのです。

選択肢は上がるか下がるかしかないので、「完全なる二択」です。ですから勝率は半々、50%と言われています。実際には50%もないのですが後ほど説明します。

■利益はどうやって決まるのか?
例えば「10分後に今より円高になる」方に賭けて勝ったとしましょう。そしてその際に1万円儲けていたとしましょう。そうすると、勝った後、その1万円が返ってきてさらにプラス1万円がもらえます。つまり「資金が2倍になる」のです。

たとえば、これが100万円であったならわずか10分でそれが200万円になっているという可能性すらあるわけです。1000万でも同じことです。このように非常にシンプルなルールなのですが、短時間で大きな収益を狙えるのがバイナリーオプションの特徴なのです。

関連サイト: 売買シグナル.com

■損失はどうやって決まるのか?
損失は、賭けたお金を取られるだけで、それ以上に取られることはありません。つまり、1万円賭けて負けたならその1万円をなくしてオシマイ、というわけです。

FXでレバレッジをかけた時のように「借金が無制限に膨らんでいく」という事態にはならないので安心です。

*FXのレバレッジとは持っていないお金を「持っている」ことにして取引するものです。例えばメタトレ(もっと詳細)を駆使しながら100万しかないのに2000万持っていることにして取引を行うと、勝った場合の利益は莫大ですが、負けた場合は同じく莫大な借金を負うことになります。

バイナリーオプションは「完全な二択」なので「勝率は50%」と言われていますが、実際のところ50%もないのが現実です。「上がりすぎたら、あるいは、下りすぎたら全員負け」というルールがあるからです。つまり、「上がる」予想をして当たったとしても「上がりすぎた」場合は外れとなってしまうのです。そのレンジ(範囲)が、例えば「50万の上昇」だったとして、結果がそれを超えた「70万の上昇」であったら、それは「外れ」なのです。色々考えてみるとやはりハイローオーストラリアがおすすめです。

「下がる方」に賭けて当たった場合も同様です。レンジより大きく下がってしまった場合、外れ、です。こういった「外れ」のことを「レンジアウト」と呼ぶのですが、バイナリーオプションは大体8%がレンジアウトになります。この8%を引いた上で、二者択一の確率になるので、正確には当たる確率は50%ではなく46%となるのです。